毒草一覧次の花
ジギタリス


春の種蒔で翌年春から初夏にかけて開花します。寒さには強く観賞用に栽培されるヨーロッパ産の多年草です。薬用の「コンフリー」の葉との誤食中毒は有名ですね。結構強力です。


毒草名  ジギタリス(Digitalis)、狐の手袋、Foxglove、Fairy Thimble
学 名  Digitalis purpurea LINN.
特 性  ゴマノハグサ科 キツネノテブクロ属、不真面目な耐寒性多年草
花 期  5〜8月
毒部位  全草、葉
成 分  ジギトキシン(Digitoxine)、ギトキシン(gitoxin)、ギタロキシン(Gitaloxin)、ジゴキシン(Digoxin)、ラナトシドC(Lanatoside C)、デスラノシド(Deslanoside)、プルプニン、ジギニン、ルテリン
症 状  嘔吐、下痢、頭痛、めまい、耳鳴、視覚障害、錯乱、不整脈、心臓麻痺、中枢神経麻痺


  

花の色は白やピンク、紫、紅色とあり、花の内側に濃い紫色の斑点があります。独特な香り(悪臭?)がするので一度嗅いでみてください。心臓病などの特効薬にも使われているそうですが、それだけに毒性も強力な一種です。





 

丈夫な花なので簡単に栽培できます。時期になると園芸店にずらっと並びますね。また、繁殖力も強いので野生化しているのも見られます。




花の後です。



芽が出てきました。

 



-------- ケジギタリス --------
(Digitalis lanata EHRH.)

  

『ケ(毛)』が付いています。

-------- カリヨン --------
(Digitalis grandiflora ‘Carillon')



黄花のコンパクトなタイプです。「キャリロン」の名前で出ていることもあります。




≪MEMO≫
・原種は赤みがかった紫色の花。
・死人の指ぬき、妖精の指ぬき、妖精の帽子、妖精の手袋、聖母マリアの手袋、魔女の手袋。などと、いろいろ。
・花の中の斑点は妖精の指跡。
・ジゴキシン:健康成人推定経口致死量=10mg以上。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS